内野 聖陽

うちの まさあき、1968年9月16日は、日本の俳優。本名同じ。愛称はウッチー。
神奈川県横浜市港北区出身。文学座所属。身長177cm、血液型AB型。

おすすめ情報

来歴

世田谷学園中学校・高等学校、早稲田大学政治経済学部卒。大学在学中は早稲田大学英語会 (WESS) に所属。初めての演劇は英語劇(ちなみにファーストキスはこの舞台)。プレイボーイな役を演じたがこれで一時期舞台が嫌になり大学2、3年は舞台裏にまわっていた。しかし、大学の終わりに舞台を演じたいと思うようになり、1992年、大学在学中に文学座研究所に入所(寺島しのぶと同期入所)。翌年に研修科1年となり、1997年に座員となった。研修中はドラマの端役などで修行を積む。
1996年にNHK連続テレビ小説『ふたりっ子』に出演し、その名前・演技力が広く世に知られるきっかけとなった。 その後、1997年のドラマ『ミセスシンデレラ』に出演し、F3層の人気を得る。2003年の主演ドラマ『蝉しぐれ』の牧文四郎役、2004年のドラマ『エースをねらえ!』の宗方仁役等を演じた。
舞台ではホームグラウンド・文学座の舞台を実力・動員で牽引したのはもちろん、他の舞台にも多数出演。現在もストレートプレイを活動のメインとしているが、さらなる表現手法の開拓・増幅を目指し2000年に『エリザベート』で初めてミュージカル出演も果たす。この出演が、後の内野の表現法・私生活(後述)において重要なターニングポイントになった。
NHKドラマ『蝉しぐれ』の主人公・牧文四郎を演じて、放送文化基金出演者賞とモンテカルロ・テレビ祭の主演男優賞を受賞した。そして2007年放映のNHK大河ドラマ『風林火山』で主役の山本勘助役を好演し、クランクアップ時の会見では「この作品を誇りに思っています」と語って男泣きした。
私生活では『エリザベート』で知り合い交際を続けていた一路真輝と2006年5月に婚約を発表。7月末に一路と入籍し(公表は8月)、10月末に女児が誕生。入籍時点で『風林火山』の撮影に入っており、披露宴は『風林火山』の撮影が終了した2007年10月25日に行った。

その他出演作品

映画

  • 午後の遺言状(1996年)
  • (ハル)(1996年)『日本アカデミー賞』新人俳優賞
  • 虹の岬(1999年)
  • 黒い家(1999年) - 若槻慎二 役
  • あかね空(2007年)
  • 252 生存者あり(2008年)
  • 悪夢のエレベーター(2009年)
  • クヒオ大佐(2009年)

お気に入り

COPYRIGHT (C) AKUMU11.JP ALL RIGHTS RESERVED.

PR│